2012年12月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の仕事2

こんばんは。
jiprockです。


今回は過去の仕事でやってしまった失敗を書きます。
ブログを更新しようにもネタがないので、恥を忍んで更新(笑)です。



それはまだ僕が営業だった頃。

当時僕は名誉ある(?)、お問い合わせいただいたお客様への営業担当でした。
その中で、あるお客様に商材を提案し、受注となった時の出来事です。


そのお客様はビルのテナントさんだったのですが、
設備を入れ替えたいとの事でお問い合わせを頂きました。
(これはビルによってオーナー負担かテナント負担か分かれますが、今回はテナント負担だったようです。)


先輩にも同行していただいて現場調査をし、見積りを作成。
(たぶんどこもやってるけど)わかりやすいように簡易な図面なども資料として作成しました。


見積り資料を提出してご検討いただいた結果、受注となりました。


先輩に伝えると、

「やったじゃん。頑張れよ。」とのお言葉。

よーし、頑張るぞ。



そして次は材料の発注と工事。
現場部隊に引き継ぐ為、会社で打ち合わせを行なっていた時です。


現場の方「あれ?jiprockさぁ、この機材ここに納まらないよ?」

jiprock「え?先輩に現場調査と機器の選定を手伝ってもらったので問題ないはずですよ?」


と言いながらも不安な僕。
よくよく調べる。


jiprock「…入らないです。しかも機材発注しちゃいました…。(だいぶ涙目)」


現場の方「しょうがないなぁ。まぁこっちで機器を選定し直しとくから、お客さんに説明してね。」


即、お客様にご連絡。平謝りです。
幸いなことに(?)、選定し直した機器の金額も変わらなかったこともあってか、
ご理解をいただき、無事に施工まで済みました。


先輩は知らん顔。(笑)
現場経験豊富な先輩なのになぁ…。

後々になって、先輩は自分の仕事以外はかなりテキトーなお方なのだと知りました…。(笑)



それ以来「自分の仕事は自分で責任持たなきゃいけないんだから、人に頼っちゃダメだ」と強く心に誓ったのでした。



それでもあなたはうまくいく 折れない心を育てる88の種

新品価格
¥1,260から
(2013/4/19 11:01時点)





スポンサーサイト

過去の仕事1

みなさんお疲れ様です。
jiprockです。


先日、久々に現場に出ました。
人手も足りないようでしたが、どうやら僕の後任(後輩)がまだ現場を取り仕切るには自信がないみたい。
引き継いでから2年経つので、おいおい…とも思いましたが、久しぶりなので張り切っちゃいました。(笑)


ちなみにその現場は、

当社で保管している機材と新たに購入した機材をその施設に納め、
入れ替えた古い機材は回収し、
回収機材は来年にまた交換できるよう綺麗に手直しをして保管。

といった仕事で、毎年定期的にお仕事をさせていただいています。


当日、久々の現場の風景に、
僕が2年前に後任と引き継ぎも兼ねてこの現場に来た時を思い出しました。



当時(現在もですが)、その現場は偶然僕の知り合いが勤務していたということもあり、
僕は後任に現場を詳しく説明し、車へ機材・工具の積み込みを頼んでいました。


そして作業当日。
現場に着き、現地を下見しながら後任と作業員に再度現場説明をしました。
そして車から積荷を下ろし始めたその時!
事件は起こったのです!



…当社保管分の機材がない。


jiprock「おい○●(後任の名前)、うちで保管してた機材は?」

後任「え…(一体何の事ですか)?」

jiprock「ここにある機材は、新しく買った分じゃん。うちで保管してる機材も車に積めって言っただろ?」

後任「あ、あの資材置き場にあったやつですか?」

jiprock「そうだよ、昨日説明したじゃん!」

後任「(はっ!)すいません、積むの忘れました…。」

jiprock「お前なにやってんだよ!会社まで取りに行けよ!」

後任「はい!すいません!」


この現場と当社までは車で1時間以上の距離。
往復2時間半は確定です。
結局、出来る部分を残った僕たちで進めながら後任の到着を待つことに。


まぁなんとかうまく納めましたが、
現場での引き継ぎはままならなかったという事がありました。

皆さん、引き継ぎはしっかりとしましょうね!(笑)



あ、ちなみに今回は無事に終了しました。


「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)

新品価格
¥777から
(2013/4/19 11:06時点)


うっかり

お疲れ様です。
イレギュラーに弱いjiprockです。


社長に車の給油を頼まれた時の事。

いつも専用のカードを持って出るのですが、
いつも通りカードを手にし、車に乗り込みました。

そしていつも通りエンジンをかける前に持ち物を確認したのですが、
カードがない!

数分前にカードを取った事は鮮明に覚えているのに、何故!?
頭が真っ白。
いつも通りカードを入れているはずのポケットも空。
カードの保管場所から車まで何往復もしましたが見つかりません。

車に乗る前に缶コーヒーを捨てたので、ゴミ箱も見ましたがありません。


これは完全にやってしまったーーー!
総務に言ってカード止めてもらわないと使われたら大変だーーー!


などと思いながらも、
会社の敷地から出てもいないのに無くなるはずはない。
焦りながらもう一度自分の身の回りを調べると、ありました。


シャツのポケットに。
普段はスーツのポケットに入れているので、このちょっとした違いだけでもパニックになってしまいました。


僕は焦った顔でうろうろしまくっていたので、どうした事かと思った社員さんもいたと思います。
恥ずかしい…。


何事もなかったかのように車に乗り込みガソリンスタンドへ向かう僕でしたが、
動揺していて運転もままなりませんでした。(笑)


これがいわゆるマニュアル人間というものなのでしょうか…。
改めて器量の小さい自分に気づかされた出来事でした…。

A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報

新品価格
¥1,470から
(2013/4/19 11:28時点)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。