スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ慣れてきたら

会員登録無料!在宅・SOHO・副業で稼ぐ!【クラウドワークス】





どうも、jiprockです。


思い出しながら転職から今までを書き続けていますが、


そろそろ業務にも取り掛かり始め、


特に面白く書くような事がありません。ホントまたネタ切れです。


でも今度こそ更新が途絶えないようにしたい。


なんか良い方法ありませんかね?




まぁそれはさておき、


業務を少しずつ覚えて実践を繰り返し、3、4か月かな?経った頃、




ついにこの時がやってきました。






主任の本社への復帰です。



はい。僕の教育期間が終了しました。








これまでの期間、僕は主任に業務を確認してもらっていたので安心して仕事が出来ました。





すごく丁寧に教えてくれて、



決して怒らずに辛抱強く何度も業務を教えてくれました。




真面目に、僕の師匠でした。



今でも主任が支店に電話をかけてたまたま僕が出たときは、



「あ、師匠!ご無沙汰しています!」


って必ず言います。



だいたい主任は



「あぁ、お久しぶりです。業務は大丈夫ですか?」と優しく言ってくれますね。


そして、


「○○さんいますか?」と即取り次ぎを要求されるのです。笑


真面目なので世間話とかないんです、主任は。笑





まぁ当初からエースから僕に業務を引き継ぐ為のつなぎ役として支店に配属されていたので、



この日が来るのは分かっていたのですが、


とても不安でした。


気持ち的に頼って甘えていたのもあるのですが、


まだ一人でもう一人の業務担当である、

このブログ通称:若手と一緒に仕事をこなせる自信がなかったのです。



そうはいっても決まってしまったので、やるしかない。


そこからはさらに毎日の仕事に気合を入れました。


もう頼れない。


わからない事は今聞いておくしかない。



色々業務について考え、意識して行動するようになりました。



その結果かどうかはわかりませんが、

もちろん当時は今よりもっと経験不足なので

安心して支店を出ていけるというレベルではなかったでしょうけど、

上司や若手に見てもらえばなんとかなるか、というところまで成長しました。





「これからは一人で頑張るんだよ。このまま頑張れば大丈夫だよ。」



そう言って主任は支店から去っていきました。



時期的に忙しかったこともあり、送別会が出来なかったのですが


後日送別会を開くこととなりました。




そして僕は、

上司からの


「jiprock、お前あれだけ世話になったんだから幹事な」



の一言により、また一つ悩むのでした…。


関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。