スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋ゆえに

こんにちは。jiprockです。
最近東京でも雪がちょこちょこ振りますね。積もりはしないのでいいのですが、僕は雪がとっっっても苦手なので本当に迷惑しています。せめて仕事が休みになるぐらい降ってくれたなら大喜びなのですが。

それはさておき、昼食時に保育園の様子が映っているテレビ番組を見ていて、ふと子供の無邪気さを怖く思いました。
以前にブログで少しだけ紹介した通り、僕は仲良しの元上司とその子供と遊ぶことがあるのですが、その子の相手をするだけで一苦労です。子供は無邪気で純粋だからこそ、大人が返答や対応に困ってしまう瞬間があると思います。言うことを聞かなかったり、反抗されて腹が立つこともたくさんあると思います。ただ、それを補って余りある可愛さがある事も最近わかりましたが。
(僕はずっと子供が苦手でしたが少しずつ変化してきています。年を取ったんだなぁとしみじみしてしまいます)

幼稚園や保育園、小学校の先生方はきっとそういった苦労の場面に何度も遭遇している事でしょう。しかも子供が一人ではなく何人もいるわけですから、それはそれは大変でしょう。そのような中で仕事をされている先生方は本当に素晴らしい方たちだと思います。僕のようなレベル低いのダメ秘書はただただ脱帽です。


ここで以前僕が経験した子供の恐ろしさの例を…
社員さんの結婚式(二次会)に出席した時の事。社員もたくさん出席されていたのですが、その中には子供連れで来られた方も。
二次会の途中、ある子供が当社のお局さんの着飾った姿を見て
「あ、魔法使いみたい!魔法使いがいるよパパ!」と言ったのです。
それはそれは大きな声で言いました。子供は声が高いので、なおさら声が会場に響き渡ります。社員だけではなく、新郎新婦のご友人方まで聞こえたどころか会場の外、なんだったら会場の最寄り駅まで聞こえた事でしょう。
(いや、僕にはそれぐらいに聞こえたんですよ)

違う!それはおしゃれだ!ダークレッドのドレスを着て髪をアップにし、ネイルも気合いを入れてきただけだ!確かに…と思うかもしれないが、はっきり物を言いすぎだ!誰だこんな子を連れてきたのは!って元上司の子供じゃないか!これ以上パパの社内評価を落とすんじゃない!キミのようなタイプは秘書にはまったく向いていない!もし夢が秘書になる事ならば全力で別の道をお勧めしよう!

当社のお局さんは本当に権力があり、僕にはあれほど好き勝手を言うあの社長ですらお局さんにはとても気を使うのです。
お局さんの一言で社内評価が一変するとかしないとか。社長の言動を見ている秘書の立場から冷静に判断すると…一変しますね、これは。

元上司が窓際族へ異動してしまうのでは…と心配をする僕でしたが、お局さんは不機嫌になるどころか意外にもノリノリで魔法使いを演じていました。失礼ながら子供好きには見えなかったので、かなり意外。


後日その子供とお局さんが再会したのですが、
「jiprock君、あの子今日は魔法使いって言わなかったわねぇ」と去りゆく子供を見ながら言っていました。
その時の顔は、魔法使いって言っていたら今度こそ父親をしばき倒してやったのになぁ。という顔でした。


子供は無邪気で純粋ですが、自分の子供は「空気を読む」というアビリティだけは身に着けさせよう!と僕は固く決意したのでした。


「空気が読めない」という病 (ベスト新書)

新品価格
¥860から
(2013/4/18 18:37時点)




子供の成功と幸せを願う父からの 息子への手紙 (息子への手紙シリーズ)

新品価格
¥1,200から
(2013/4/18 18:39時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。