スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘書の頼まれごと

jiprockは今週の業務を終了しました。皆さま、今週もお疲れ様でした。
最近はサッカーにつられて業務を切り上げていた部分があったので、今日はそれに取りかかる…はずでした…。

それは朝一の会議後、取締役に声をかけられた時に起こったのです。
「jiprock君さぁ、一時間ぐらい時間あるかな?ちょっとこれを手伝ってほしいんだけど。」
背筋が凍る僕。

と言うのも、取締役はすごい方で、以前某お役所からの依頼で日本では数名しか経験していない(らしい)仕事をこなしたことがありました。
その業務報告書をPCが苦手だからと僕に頼まれた事があったのです。社長秘書とは言っても取締役の頼みは断るわけにはいきません。実質当社の秘書は役員秘書も兼ねているようなものですし。
取締役が横に座り、あーだこーだと報告書の内容や文章校正を話し合いながら文章の叩き台を作成。でも英語交じりの専門用語多数で僕にはちんぷんかんぷん。
一通り話し終えた取締役が去った後、残業しまくって報告書を仕上げたのでした。


今回はその内容をわかりやすくまとめ直し、新人研修の材料やお得意先での話のネタにしたいようで、再度僕に資料作成を依頼されたのです。
一応立場が社長秘書である僕は、取締役のスケジュールは管理していません。
現時点では得意先に行く予定は立てていないようですが、
いつ「jiprock君、得意先に行くからこの間お願いした資料をちょうだい」と言われるかわからないのです。
しかも下手すると社長同席も有りうる。

これはまずいかもと早速行動開始。要望をヒアリングした後に最低限の日常業務を終わらせ、溜めこんだ仕事を横目に見ながら取りかかりました。
ヒアリングの段階でわかってはいたのですが、わかりやすくするための要望が(僕には)難易度が高い注文で、進めていくうちに「秘書じゃなくてもっとPCに詳しい人に頼めよ!」と一人でイライラしてしまいました。
ネットで調べながら地道に進め、なんとか終わらせました。ほとんど業務時間も終わっていましたが。
取締役よ、どこが「一時間ぐらい」なのだ!半日かかったわ!


そしてその後、僕は泣きながら溜めこんでしまった仕事の処理を進めるのでした。
PCのスキルがない僕のような人間は、仕事を溜めないに限るのだと再認識した一日でした。


これだけは知っておきたい「レポート・報告書」の基本と常識

新品価格
¥1,365から
(2013/4/18 19:16時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。