スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘書の苦労

今日はこれぞ秘書!?ということがありました。


社長は外出ついでにお買い物へ行ってました。
僕は社内でお留守番。
お昼に差し掛かり、お金のない僕はお弁当を持参。
一人でモグモグ食べていました。

すると、僕の会社携帯が鳴りました。

社長「jiprockか?悪いが駅まで迎えに来てくれ。荷物が重いんだ。」


車で迎えにいこうにも、駅前には駐車スペースはない。
まぁ最寄り駅まで自力で持ってきたんだし、そこから当社までは遠くもない。
僕が荷物を持てば済むか。

などと考え、駅に徒歩で向かいました。
こんな雑用は秘書業務の基本です。たとえお弁当が食べかけでも、即行動です。(笑)

駅に着くと、社長とその隣に紐で括られた段ボール箱(50センチ四方ぐらい?)が一箱。

社長「悪いね、jiprock」

僕 「いえ、大丈夫です。これをお持ちすればいいですね?」

社長「そうなんだが、重いから半分持つよ」

僕 「え?は、はい…」


なぜかひとつの箱を社長と僕で会社まで運ぶことに。
なんだったんだろう、あの共同作業。(笑)


社長はしきりに

「重いだろう?」

と言っていました。



社長、それは少し違います。

二人で持つと重さがわからないので、
「社長に負担を感じさせてはいけない」と
移動中はMAXで力を入れ続けたからキツかっただけなんです。

僕もよほど自身に無駄な負荷をかけて持ち運んでいたのでしょう。
会社に着いてからこっそり一人で持ってみたら、
思わず「軽っっっ!」と声が出てしまうぐらいでした。

たぶん5キロぐらいだったんじゃないかなぁ。
最初から一人で運んでればこんな負担は感じなかったのに…。


変な疲労感で食べ残したお弁当もなんか食べたくなくなるし、
秘書って大変です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

jiprockさん、こんにちは。



お迎え&荷物運びお疲れ様でした。


やはり面白い社長様かと(申し訳ありません)思います。(笑)最寄り駅までやっとのことで持って帰られたのでしょうか。
Re: タイトルなし
社長秘書見習いさん

こんばんは。

社長はお茶目というか、少し優しさの方向がズレてるかもしれません。
かえってこちらが気を使ってしまう場合が多いです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。