スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大先輩との帰り道

こんばんは。また憂鬱な一週間が始まりましたね。
totoの結果が今節は水曜日なのでそれだけが待ち遠しいjiprockです。

先週、某大企業に出向している当社の大先輩が来社しており、帰り道を途中までご一緒させていただきました。


大先輩「jiprockさぁ、これから一緒にラーメン食べに行かない?」

僕「すみません、今日は予定が…。せっかく誘って下さったのにすみません。」

大先輩「そっか。そしたらさぁ、来週は暇?飲みに行こうよ。」

僕「いいですよ。」

大先輩「よし。じゃあ来週の金曜にまた来るよ。」



…え?金曜はすなわちサッカー日本代表の応援日じゃないですか!
リ、リアルタイムで見たい!!!!
でも一度誘いを断ってしまったし、先輩の誘いを二度連続では断れませんでした…。
録画して見よう。


電車内では、

大先輩「jiprockって入社7年ぐらいだったっけ?」

僕「いやいや、そんなに経ってませんよ。4年です。」

大先輩「そうだっけ?●○と同期ぐらいじゃなかった?」

僕「●○さんは先輩ですよ。●○さんはたぶん入社7年ぐらいだと思います。」

大先輩「あれ?そっかぁ。もっといるような気がするんだけどねぇ。」

僕「僕は△▲さんと同期ですよ。」

大先輩「△▲さん!?(意味深に頷く)」


自他共に認める社内でのデカい態度(笑)で、実際より社歴が長く思われるのでしょう。
今までも何度かこんな会話があったのですが、同期の名前を出すと皆驚きます。

たぶん同期のダメな仕事ぶりからして、差がついちゃったのね…という印象を受けたのだと思います。
(決して僕が仕事できるという意味ではないですよ!相手がひどすぎるんです…。)

前にも記事に書きましたが、文章の添削を頼まれたり、
本人の仕事をなぜか部署が違う僕にも相談してきたり
(中小企業だからかあまり垣根がないというのもあります)、
どうでもいい事までお局さんに内線で問い合わせていたり。


そのくせ定時に上がる事だけは誰よりも意識してるんですよね。

仕事を頼むために話をしていても、
「うん、うん…(時計を見る)あ、定時だ。続きは明日やるね。お先に失礼しまーす♪」

まず自分の仕事をこなせるようになってから、そこを意識して欲しいなと思ってしまいます。



同期よ、僕と比較されて同期である事に驚かれてしまっているんだぞ!
しかも比較対象が大したことない奴(僕)なのにだぞ!
もっと頑張ってくれ!(笑)

30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方

新品価格
¥1,365から
(2013/4/19 12:03時点)




ライバルに差をつける半径5m活用思考 (フォレスト2545新書)

新品価格
¥945から
(2013/4/19 12:03時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。