スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務追加

みなさんお久しぶりです。
まぁ見ている人少ないでしょうからあまり関係ないかもしれませんが。(笑)

というか、僕自身久しぶりにブログ見たのですが、気付けばアクセスカウンターが1,000超えてます!
びっくり!誰が見てるんだろう?
もしかしたら一人が1,000回見てるかもしれませんね。
それはそれでありがたいですけど(笑)


さて、久々の更新ですが、
忙しかったから更新できなかったとかではなく、やっぱり怠けてました。
まぁ忙しくなかったわけではないのですが。

というのも、最近僕に対して怪しい動きがあります。
あまり深く書くと万が一身元がばれたら嫌なので割愛しますが、
本業とは別の、とある事務局も任される動きが…。
むしろほぼ既定路線に乗ったでしょうね。
これまでの事務局担当の社員が評判悪いようで、僕に白羽の矢が立ったようです。
本当に迷惑な話です。

その為、何度かその関連業務に携わりましたが、
全くやりたくありません。
特に大変だったのが、議事録の作成。
毎月定例会議?を行なうのですが、
関わらせるきっかけとして急にその議事録の作成を指示されたのです。

社長「jiprock、ちょっと。」

jiprock「はい、なんでしょうか。」

社長「ちょっとついてきてくれるかな。議事録作ってほしいから会議に出席してくれ。」

jiprock「(やばい、絶対巻き込まれるよ…)あ、はい。」

で、定例会議開始。


議題どころか活動の中身もあまり知らないのに議事録って!
お恥ずかしい話ですが、そもそも僕は正しい議事録の作り方を知りません。

理事長「…についてどう思うか」
●○「それについては~の案が良いと思う」
他会員も賛成の為、上記の案が可決された。

みたいな、誰が何を言ったか形式の書き方が正しいのでしょうか?
今回僕は全部をまとめてただの文章にしてしまったのですが…。
どなたか教えて下さい。本当にお願いします。

まぁ社長に確認を依頼したら何も言われませんでしたけど。
たぶん議事録にそんなに興味ないのでしょう(笑)


とは言え、秘書兼任で経理業務やってるところに事務局までねじ込まれると本当にきつい…。
人材要望書でも出して部下を雇ってもらおうかな。


作成しなかったではすまない中小企業の議事録(株主総会・取締役会)の重要性―議事録等のサンプル書式例搭載CD‐ROM付き

新品価格
¥1,680から
(2013/4/19 11:37時点)




いちばんやさしい株式会社の議事録作成全集

新品価格
¥3,150から
(2013/4/19 11:38時点)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

議事録は簡単なものから会議の詳細まで記したものまで
様々かと思いますよ。

おっしゃるように、誰が何言ったか形式でいいのだと思います。

内容にはおおよそ次の点が必要かと思います。
会議名、日時、場所、出席者名、欠席者名、
委任状を含めた出席者数、欠席者数、
議題、発言者、議事の経過、決定事項など

冒頭は誰が開会を宣言し…、議長は誰を推薦し…となりますが
会議の本題に入ったら、誰が何を発言したかなど、
準を追って記入していき
議題が複数ある場合それぞれについて話し合われた内容、結果を記し、
合わせて持ち込まれた報告やその場で了承を得た案件についても記載する。

ということかと思います。

何事も初めは手探りでやってみるしかないですよね。

頑張ってください!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。